冠婚葬祭業で注目されている散骨サービス

昔と比べて葬儀のあり方に変化が出てきている中、その埋葬自体にも新たな方法が定着してきています。

それは、散骨と言われるもので、遺骨の一部を細かく粉末化したものを山や海などに葬る方法です。



このような動きは海外から始まり、日本でも特に宗教に関係なく故人の意思が尊重されるようになってきました。

東京の散骨の特別な情報を載せています。

冠婚葬祭業でもこの散骨サービスを積極的に行うようになり、説明会などでその内容を広めています。

自然の大地に葬るという内容が宗教にとらわれない考えであることから、多くの人が関心を持つようになりました。

また、航空機を使った上空から散骨していく方法もあり、空高くから散っていく光景に感動する人も少なくありません。

こういった動きは冠婚葬祭業のサービスとして、船や航空機を使って行われていきます。

人気なAll Aboutサイトを今すぐ確認してみましょう。

散骨していく場所はどこでもいいという訳でなく、自治体などから許可をもらった場所で行われ、定期的な日程で希望者とともに行われます。

個人的に船や航空機をチャーターすることはできますが、料金は高くなります。

一般的には希望者が集まった団体で行われることが多く、遺族が故人の遺骨を抱えてスタッフと目的地まで行動します。
目的地に到着したら準備ができた人から散骨を開始していき、心を込めて見送ります。
それは、故人の意思と遺族の愛情が一緒になった大切な時間となり、忘れることのできない一幕になるでしょう。

このようなそれぞれの希望から、冠婚葬祭業では日々希望者の力になれるように、感動できるサービスを生み出しています。


時代とともにその形は変わってきても、故人やその遺族の思いは永遠に変わることはありません。