冠婚葬祭で永代供養を選択すること

冠婚葬祭の中で長く続ける必要があるのが、葬式です。それは要するに祭祀を続ける、ということです。

追悼供養なんかをする宗派も多くありますし、割合多いのが、3回忌や7回忌あたりまではやる人が沢山います。

しかし、子々孫々と供養は続けていく必要があるわけですが、それが思わぬ形で途絶えることがあります。

それは理由としては色々とありますが、経済的な理由であったり、或いは単純に伴侶が見つからなかったりすることで嫡子がいなくなり、血筋が途絶えるわけです。
昔は養子という手もあったわけですが、現代日本ではどうしても結婚していないと養子がもらえないです。


その為、いっそのこそ、永代供養にする人も多くなっています。



永代供養とは、寺院が永代に渡り、供養を代行してくれることです。

wikipediaを調べるならこのサイトです。

代行、といっても依頼したら、自分は供養できないわけではなく、普通に墓参りに行くことはできます。

つまりは、冠婚葬祭が出来なくなることが将来的に見込まれるのであれば、やっておくとよいです。



古くは江戸時代から行なわれていることがわかっています。


冠婚葬祭といっても、供養の儀式が、永代供養になります。
かなりの金額がかかることではあります。

何しろ、ずっとやってもらうことができるわけですから、結構な費用になることがあります。


料金というよりは、寄進の体を取っているところも多いです。

寺院に功績がある人を永代供養にすることもあります。

これは寺が自主的にすることです。