近年冠婚葬祭において注目される自然葬とは?

近年冠婚葬祭において従来の慣行に囚われず独自のやり方を行う人々が増えています。
冠婚葬祭にも個性が反映される時代になったと言えるでしょう。

コトバンクについて知りたいならこのサイトです。

そのような風潮の中で注目されるようになってきた葬儀方法が自然葬です。

自然葬とは従来一般的に行われてきた決められた墓地や墓石を用いた葬儀方法では無く、故人の遺骨を自然の中に直接に返していくやり方です。
その際には基本的に人工物を墓標にしたりはしません。あくまで海や山、川といった雄大な自然の営みの中に溶け込み、そのサイクルに回帰していくことを理念とする葬儀方法です。
自然葬は狭い意味では散骨と同じイメージで考えても支障はありません。



但しより広い意味で定義すると水葬や風葬、火葬、土葬、植樹葬、その他に身近では滅多に見られませんが冷凍葬や鳥葬も含めた自然の中へ戻っていく葬儀全体を指します。

現在は自分の葬儀方法として自然葬を望む人が次第に増えてきていますが、その理由は大きく分けて二つ考えられます。

一つ目は死後は自然の中に抱かれて眠りたいという思想的理念を持つ人が積極的にその意思を実行するようになってきたことです。

二つ目はより現実的な理由で、自分が死んだ後に子や孫の世代にお墓の維持や管理で苦労を掛けたくないと考える人が少子高齢化が進む今は増加していることです。



自然葬も含めて冠婚葬祭において何かの事柄に関心を持ったら、取りあえず情報を集めてみることが大切です。

そうすることで自分の生き方に合った冠婚葬祭のやり方を知って実行に移すことが出来るようになるでしょう。