新しい埋葬の仕方樹木葬

亡くなった故人を弔うのは大切なことです。

日本だとお墓を建てるのが一般的ですが、最近では樹木葬と言ってお墓を建てない埋葬の仕方が増えてきています。



樹木葬は許可を得た土地に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法です。

骨壺に納めた後埋葬する場合、遺骨をそのまま撒いてしまう場合、遺骨ごとに樹木を植える場合やシンボルとなる樹木の周辺に遺骨を埋葬する場合など様々なケースがあります。

墓碑となる樹木はハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジなど大きくならない低木が一般的です。



ペットなどを弔う動物葬としてはよく行われてきましたが、最近になって人間向けの樹木葬用の土地が出現してきました。


宗旨、宗派を問わない、自然に還るという考え方により近づける、料金が安い、里山を育てるとして自然環境にも配慮しているなどの理由で人気が高まっているようです。

コトバンクの知識を持つことが重要です。

また核家族化が進んで、お墓を守る後継者がいない家族が増えてきたのも理由の一つです。


散骨と違う点は指定された場所に埋葬するということです。

許可を得ていない場所に勝手に遺骨を撒くと遺骨遺棄罪に問われる可能性があります。
注意しましょう。

お墓参りというのは日本の古くからある行事ですが、時代の動きに合わせて埋葬の仕方、お参りの仕方が変化していくのは自然なことだと思います。


ただ、遺骨をそのまま撒いてしまうと再び回収するのが不可能など後戻りがきかない場合もあるので、実際行う際は十分に注意しましょう。